2017年12月某日。
私は、鳥取県米子市にある武道館に向かっていた。

私のかつての柔術の先生でもある、WB氏に会うためである。

WB氏は、以前に山陰フリーファイトという大会を開催されており、当時という時代を考えるとそれは非常にセンセーショナルなものであった。


武道館が近づくにつれ、懐かしい風景と共に当時の幾千もの思い出が蘇っていた。

WB先生には事前に、“柔術に関することでご相談がありまして・・・”とアポイントをとっていた。

久しぶりの再会後、私は単刀直入に切り出した。
「来年2018年に、山陰で柔術の大会開催を計画しています。」

ーーーーーーーー

アマチュアながら一選手としてトレーニングしていた時には、自分が大会を企画するなんて考えもしなかったが、第一線を退いて急に思い立ち行動している。

人生とは摩訶不思議なものである。

ーーーーーーーー

私の柔術の師匠でもある松江のKR氏にも、同じような挨拶を行った。

そして、大会の構想を練りながら2017年の年末を迎えることになった。



お読みいただきありがとうございました。
次回、大会の概要を発表します!